2016.06.09

「奏の杜・谷津地区タウンガイド」開催しました!

こんにちは、谷津図書館です。

雨の季節はジトジトとして憂鬱でもありますが
雨粒に濡れた紫陽花の花に和まされています。
谷津図書館の前の大きな滑り台の横に咲く紫陽花、
皆さんもぜひご覧になってみてくださいね。

さて、谷津図書館では
5月29日(日)「奏の杜・谷津地区タウンガイド」を開催しました。
講師はならしのコンシェルジュ研究会代表の平野金幸さん。
平野さんは、まち歩き案内人として、習志野市の魅力を発信すべく、
毎回多くの申込み者の方と市内の散策を行われています。

そんな平野さんをお招きし、谷津の歴史(大昔は谷津貝塚だったんです!)
地形や地名、人名や方言など、時代を追って多くの資料のもと解説をしていただきました。
011.jpg   008.jpg
皆さん、時にメモを取りながら、熱心に耳を傾けていらっしゃいました。

途中、谷津の民話「庄司ヶ池」・「おつなの墓」を谷津図書館スタッフが朗読しました。
こちらの2作品は『習志野の民話』に収録されています。
ご興味のある方はぜひ図書館へお越しください♪

また当日、会場となった谷津コミュニティセンター1階ふれあいルームには
習志野市今昔写真を展示しました。
002.jpg   016_20160609142141116.jpg
「そうそう、この辺は何もなかったんだよな~」と懐かしそうにしていらっしゃる方、
「え~こんなだったの~ずいぶん変わったのね~」と驚いていらっしゃる方、
皆さんそれぞれに楽しくご覧になっていました。

今、谷津図書館周辺は「奏の杜」という新しい街と共にさらに賑わってきています。
新しくできたおしゃれなお店も、長く愛され続けているレトロなお店もあります。
周辺の公園では、子ども達の元気な声が響いています。

このイベントを通じて
新旧の共存が、より魅力的な街【谷津】をつくりあげていっているように感じました。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。