2019.02.11

【新習志野】「時代小説に見る江戸の暮らし~現代の深川を古地図とくらべて~」を開催しました。

こんにちは。新習志野図書館です。

新習志野図書館では、1月26日(土曜日)に、
江東区深川江戸資料館の松本 智恵さんをお迎えして、
「時代小説に見る江戸の暮らし~現代の深川を古地図とくらべて~」を開催しました。

時代小説に見る江戸の暮らしの写真1

講座は、時代小説とはどういったものを指すのかといったお話から始まりました。

小説家が、時代小説を書く材料として参考にしていた資料が数多く紹介され、
現在とは異なる、江戸時代当時の暮らしぶりを伺い知ることができました。

時代小説に見る江戸の暮らしの写真2

講座の終盤には、江戸時代の地図である「切絵図」が登場。
今回は、深川の「切絵図」を見ながら、時代小説の舞台を辿っていきました。

参加者の皆様からは、「春になったら古地図を片手に出かけてみようと思います!」とのお声も頂きました。

時代小説に見る江戸の暮らしの写真3

講師の松本さん、ご参加くださった皆様、ありがとうございました!
2019.01.12

【新習志野】「時代小説に見る江戸の暮らし~現代の深川を古地図とくらべて~」を開催します。

あけましておめでとうございます、新習志野図書館です。
今日は、新年最初のイベントのお知らせです。

新習志野図書館では「時代小説に見る江戸の暮らし~現代の深川を古地図とくらべて~」を開催します。

講師に、江東区深川江戸資料館の松本 智恵 氏をお迎えして、
時代小説における江戸の暮らし、文化、風俗などのお話をしていただきます。
さらに現代の深川を古地図などで比較、歴史的な移り変わりついても辿っていきます。


時代小説に見る江戸の暮らしのポスター
※画像をクリックすると拡大されます。

*日時
平成31年1月26日(土曜日)
午後2時から3時30分まで

*会場
新習志野公民館 2階 講義室

*対象
15歳以上

*定員
30名

*参加費
無料

*申込み
平成31年1月12日(土曜日) 午前10時より
新習志野図書館カウンターまたは電話にて受付(先着順)
※ご家族以外の方(ご友人など)の分の申込みはできません。

*問合せ
新習志野図書館 電話:047-453-3399


時代小説の世界をより深く楽しんでみませんか?
皆さんのご参加をお待ちしています!
2018.12.06

【新習志野】「モーツァルトって何がすごいの?~歌とピアノ演奏によるクラシック入門講座」を開催しました

こんにちは。新習志野図書館です。

12月1日(土曜日)、新習志野図書館主催により
「モーツァルトって何がすごいの?~歌とピアノ演奏によるクラシック入門講座~」を開催。

クラシック入門講座写真1

講座は、先生方の登場と共に始まった歌とピアノ演奏により自然と音楽の世界に引き込まれていきました。

その後も、お馴染みの楽曲の数々とともに、
ユーモアを交えたモーツァルトやクラシック音楽の魅力に
ついての楽しいお話しをいただき、参加者みなさまのあいだに自然と和やかな微笑みもうまれます。

クラシック入門講座写真3

ラストは大迫力のオペラ歌曲が披露され、
会場は大きな拍手に包まれながらのフィナーレとなりました。

講師の冨沢先生、梶沼先生、ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!

2018.11.07

【新習志野】『モーツァルトって何がすごいの?~歌とピアノ演奏によるクラシック入門講座~』

こんにちは、新習志野図書館です。

新習志野図書館では、
『モーツァルトって何がすごいの?~歌とピアノ演奏によるクラシック入門講座~』を開催します。

クラシックというと、なんとなく「敷居が高い」イメージがあるのではないでしょうか。

この講座では、誰もが知っているモーツァルトをテーマにして、
一度は耳にしたことのあるあの名曲たちを講師による歌とピアノ演奏を交えながら
モーツァルトの魅力に迫ります。

定員に達しましたので申し込み受付は終了しました。ありがとうございました!(11月25日追記)

枠付き)クラシック入門講座ポスター

※画像をクリックすると拡大されます。

*日時
平成30年12月1日(土曜日)
午後2時から4時まで

*会場
新習志野公民館 2階 多目的室

*対象
15歳以上

*定員
60名

*参加費
無料

*申込み
平成30年11月17日(土曜日) 午前10時より
新習志野図書館カウンターまたは電話にて受付(先着順)
※ご家族以外の方(ご友人など)の分の申込みはできません。


*問合せ
新習志野図書館 電話:047-453-3399

クラシック音楽の世界をより身近に感じてみませんか?
皆さんのご参加をお待ちしています!

2018.09.17

【新習志野】「秋の落語会」を開催しました。


こんにちは、新習志野図書館です。

9月15日(土曜日)に「秋の落語会」を開催しました。

出演は、月の家小圓鏡さんです。
前回の新春落語で大変好評だった、真打の落語家さんです。

30年秋落語会①
※画像をクリックすると大きく表示されます。

この日の演目ですが、
ひとつめは「熊の皮」でした。


30年秋落語会②
※画像をクリックすると大きく表示されます。


絶妙な間と軽妙な語り口に、場内に笑いが起こります。


ふたつめは「匙加減」。

30年秋落語会⑥

30年秋落語会⑦

30年秋落語会⑧
※各画像をクリックすると大きく表示されます。


少し長めのお話でしたが、観客の方達は、緊迫した遣り取りに聴き入り、
最後のオチでホッとし、また笑いを誘われる、といった雰囲気でした。

汗だくになりながら熱演して下さいました小圓鏡さん、お疲れ様でした。
そして生憎の悪天候の中、来場下さいました皆様、本当にありがとうございました!